このサイトにアクセスいただいたということは、
金欠でプロミスを利用したいけどどうしたらいいか良くわからない!という状態にあると思います。
そんななあなたのために、当サイトではプロミスの利用ガイドとして借り方をしっかりマスターしてもらうべく情報を提供しています。
審査と言ってもこちらがやることは難しくはないですし、普通にやれば今日中に審査が終わって即日融資だってできちゃいますよ!

※今から最もスムーズにプロミス審査に入れるWEB申込みがこのページ!

プロミスでお金を借りるまでの流れ

  1. まずはネット上から申し込みを入れましょう!

    プロミス公式サイトからあなたの情報を入力してください。
    プル入力とカンタン入力の2つがありますがどちらでもいいですが、わかるのであればフル入力のほうがいいでしょう。
    入力項目にそこまで大きな差はありません。
    (カンタン入力の場合は、あとでオペレーターを話しながら情報を補完していく流れになります)

    ※ネット以外にもプロミスへの申込みは出来ます。
    具体的には自動契約機、プロミスコール(電話)、お客様サービスプラザ(有人窓口)、郵送です。
    ですがどれもネットほどのメリットがないため、当サイトではおすすめしておりません。

  2. 本人確認のための電話が来る

    プロミスに申し込んだのが本当にあなた自身であるかを確認するため、
    フォームに入れた連絡先に電話が決ますので電話に出てください。
    ここで生年月日をはじめとしたあなただからこそ知る質問がされます。
    第三者が勝手に申し込んだりしていなかをチェックする大事な工程の1つであり、ここまでで一次審査が終了です。

  3. 身分証明書、収入証明書のデータをアップロード

    専用のフォームで身分証明書のデータをアップします。
    これは運転免許書をスマホカメラで撮影したもので大丈夫なのでかなり手軽です。
    また借りたい額が50万円を超える場合には収入証明書も用意して写真で撮ってアップしましょう。

  4. 勤務先への在籍確認の後、審査が終わりキャッシング可能に!

    あなたが勤務している会社に個人名でプロミスから在籍確認の為の電話があります。
    その場にいれば電話を代わることになるでしょうし、
    離席中、外出中で会社に居なくても在籍の有無は知れるので問題ありません。
    この時点で本審査が終了ということになり、あとは契約内容を確認して晴れてお金を借りられるようになります。

アルバイトや派遣社員でもプロミスは利用できる?

プロミスのような大手キャッシングサービスだと、
結局相手にしてくれるのは年収がそれなりにあって安定している正社員だけ?と思われるかもしれませんが、
雇用形態には関係なく、毎月の定期収入があればアルバイトや契約社員でも一切問題はありません。

というか、苦労しているそういった層の方こそ、金欠になることが多いと思うんです。
職業に関係なく急場を凌ぐためにはプロミスはピッタリなんですね!

だたですね、さっきも書いたように審査の流れの中で在籍確認電話があります。
契約社員の方は登録している派遣元と勤務している派遣先のどちらで在籍確認をしてもらったほうがいいの?
など、ちょっと迷われることもあるでしょう。

当サイトではその辺についてもしっかり調査しフォローしておりますので、
アルバイト、パート、契約社員の方も以下を読んで安心してプロミスに申し込みをしてください。

アルバイト、パートの立場でのプロミス利用
派遣社員のプロミス審査と在籍確認

プロミスとの契約後のお金の借り方、全パターン

上記の流れで申込み、審査~契約まで済んだら実際にお金を借りられるようになります。
じゃあその方法ってどんなのがあるの?ってことなんですが、
具体的には以下の借り方があるので知っておいてください。

借り方その1:銀行振込で借りる

あなたが普段使っている銀行の口座に、プロミスから直接お金を振り込んでもらえます。
振込依頼自体は24時間いつでも出せますので非常に便利ですが、
着金は銀行の営業時間内、つまり平日15時までとなりますので注意しておきましょう。
※三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば365日、24時間いつでも入金が確認できます。

尚、振込手数料はこちら負担にはなりませんので安心してください。
数千円借りたい時に手数料まで取られた額が振り込まれるのは納得いきませんからね!

借り方その2:ATMでお金を引き出す

ATMでお金をおろしてキャッシング!という借り方は一番イメージしやすいと思いますが、
プロミスATMと提携ATMの2種類に大別されると思ってください。

まずプロミスATMは自動契約コーナーに併設されているプロミス運営のATMです。
24時間やっているところはなくて夜の22時くらいまで、というところが多いです。
メリットとしては借りる額にかかわらず手数料が一切無料である点だと言えます。
逆にデメリットは深夜は借りられないこと、またそこに入るのを誰かに見られたらバレてしまうことですね。

そしてもう1つがプロミスと提携しているATMであり、
これは大手銀行、地銀、コンビニにもあるようなネット銀行の多くと提携しています。
これなら普通に銀行でお金を下す感覚で借りられるのでパッと見はキャッシングだとバレませんし、
コンビニATMなら24時間やっていることも多いのでいつでもお金を引き出せます。
デメリットは手数料であり、引出金額が1万円までなら108円、それを超える額なら216円がかかってきます。

借り方その3(おまけ):スマホATMで借りる

これはセブン銀行のATMでしか使えない方法なんですが、
プロミスカードが無くてもスマホアプリを使うことによって
コンビニでお金が借りれたり、また返したりができるサービスです。

本質的には「ATMでお金を引き出す」ってのと全く同じなんですが、
これであればプロミスカードを発行しなかった方でも利用できますし、
今の時代に即した新しい借り方だとなと思って紹介をさせていただきました!
参照:スマホATMでの借り方

プロミスで即日融資、当日振込を希望する場合の注意点

金欠でキャッシングを利用したいという方の多くが、
できれば今すぐにでも、今日中にお金を貸してほしい!という状態になっているのではないでしょうか。
いわゆる「即日融資」はプロミスでもアピールしているので全然可能なんですが、
申込みの時間や用意するもの、借り方にも気を付けておかないと当日融資は受けらなくなってしまいます。
そのポイントをまとめていきたいと思います。

即日融資の方法 その1:銀行への当日振込を希望する場合

借り方として銀行口座に振り込んで欲しい!という方は、
絶対条件としてその日の13時までに申込みをしておく必要があります。
これは銀行がやっているのが平日15時までなので、それまでに審査を終わらせて振込依頼を完了させるためですね。

身分証明書は運転免許証で済むので問題ないですが、
50万円以上を希望であれば収入証明書が必要になるのでそれも事前に用意しておく必要があります。
手軽なものだと給与明細2か月分か源泉徴収票になります。

※このケースでの特例
さっきも書きましたが、三井住友銀行とジャパンネット銀行を使っているなら15時以降に審査が終わっても問題ありません。
この2行に関しては時間に縛られずいつでも着金がされるので非常に便利ですよね。
これがプロミスで言うところの「瞬フリ」ってやつです!

即日融資の方法 その2:プロミスカードを使ってATM引き出し

既に15時を過ぎている、という場合は、
プロミスカードを発行してもらい、そのカードでATMに行ってお金を借りる方法を取りましょう。
プロミスカードは郵送で自宅に!が出来ますが、急ぎである以上はカードを受け取りに当日近くの自動契約機に行きます。
そこでカードだけを発行してもらってその横にあるATMでお金を引き出せばOKです。
一応、利用する自動契約コーナーの営業時間に気を付けましょう。
それを過ぎると当日融資は実現不可能になってしまいますので。

※プロミスカードの受け取りが厳しいなら。。。
仕事が遅くなりそう、そもそも自分の市町村のプロミスの自動契約機がない、、、
そんな場合はさっきも言いましたがスマホATMというサービスを利用し、
近くのセブンイレブンでお金を借りる方法はいかがでしょうか?
セブンならどこにでもありますし、スマホ、iPhoneさえもっていれば通用する借り方です。

いずれにしても在籍確認ができるかが鍵!

プロミスではほぼ絶対、勤務先に電話をして在籍確認を行います。
これをしないキャッシングサービスは基本ありません。
そのため、会社が休みだったりする場合は審査自体が終わらないので即日融資も無理ということになります。

また夕方以降の申込みで在籍確認電話がその会社の就業時間以降になる、という場合も注意が必要です。
18時以降は電話応対はしなくなる、という会社も少なくないでしょうからね。

尚、在籍確認が今日はできないけどどうしてもお金が必要!という場合には、
ネットから申し込みをした後でフリーダイヤルのプロミスコールに電話をしてその旨伝えてみてください。
在籍確認なしにできるかは微妙ですが、できる限り柔軟な対応をしてくれる可能性はあります。

親バレ、嫁バレしない借り方!Web完結の魅力

プロミスでお金を借りる以上、絶対に他人にはバレたくないですよね!?
ですが同居している親や嫁さん、、、この辺にはバレる可能性が少なからずあります。
というのも、プロミスから送られてくる契約書とプロミスカードがあるから。

当然ながらプロミスからの郵送物は時間指定できますし、受取人も契約者本人だけという指定が可能です。
でもそうとう特殊なものが家に届くとちょっと怪しまれそうで怖くないですか?
・・・これに対応したのがWeb完結という方法であり、
契約書の郵送をなしにして、プロミスカードの発行もなしにする!という方法なんですね。
これで自宅にプロミスから何か届く可能性はなくなるので、親バレ、嫁バレが起きなくなります。

契約書の確認について

契約書の内容は全てネット上で確認できますし、紙で送れらてきてもいずれにはゴミになるので要りませんよね!?
それに契約前には電話でオペレーターから口頭での契約説明もあるため、
今の時代に沿ったペーパーレスを当サイトとしてもおすすめしたいと思います。

プロミスカードの発行なし!について

別にプロミスカードが無くても銀行振込という借り方があるので問題ありません。
もしカードが欲しい場合は審査終了後に自動契約機に行けば発行してくれますし、
自宅郵送という形を取らなくてもゲットする方法はちゃんとあります。

また最初はカードレスを選択してあとからやっぱり欲しい!となった場合でも、
発行手数料はかからずに作ってくれるのでその点においても安心でしょう。

これは要注意!利用明細書の自宅郵送

Web完結はあくまで契約に至る部分までの話であって、その後のプロミス利用は関係ありません。
ここで気を付けておきたいのがお金を借りたり返したりした時に発行される利用明細書のこと。
これが何も対策しないと自宅に郵送されてくる危険性があるんですね。
(プロミスからとは書いていませんので、自宅に届いても開封しないとバレることはありません)

利用明細書の発行は貸金業法で決められているため、どうしてもなしにはできません。
ですが契約書のようにネット上で確認するだけ(Web明細サービス)、という設定ができるんですね。
これは契約が済んだらプロミス会員ページにログインしてできますので、実際にお金を借りる前に手続きしておくことを強くおすすめしますよ!

Web明細サービス利用の方法

やり方としては非常に簡単であり、
申込み時なら「明細を電子交付サービスに変更する」にチェックするだけ、
契約後なら会員ページ上で「Web明細サービス」を選択するだけ
となります。

ネット音痴でよくわからない場合はプロミスコールに電話すれば代行してくれるか教えてくれるのでそれも活用ください。

ATM利用なら明細書が発行されない場合も!

そもそも利用明細書はその場で確認できないことがあるから後日紙で送ります、、、というものになります。
逆に言えばそれができるなら自宅郵送にはなりません。
これに該当するのがプロミスATMであり、それならその場で明細書が出てくるので万事OKです。
また各銀行との提携ATMでもこれができるものがあり、
三井住友銀行やコンビニにあるセブン銀行でもその場で明細書発行してくれるので助かります。
・・・というか、前述したWeb明細サービスに登録しておけばそのATMを使うかという心配もないんですけどね!

はい!というわけで、

  • 契約書等の自宅郵送なし
  • プロミスカードのカードレスか、契約機での受け取り
  • Web明細サービスの利用

を行うことで親バレの可能性が限りなく0に近づくようになりますのでぜひチェックしてお金を利用するようにしましょう。

プロミスの利息、金利と30日間無利息キャンペーン

今すぐお金が欲しいとついつい利息のことをないがしろにしがちですが、
プロミスはここで儲けているわけですし、
私たちはここを圧縮できればその分お得にお金を借りられるわけです。
つまり、ちょっと面倒でも利息の支払いには神経質になったほうがいいと思うんです。
少しでも元金を減らしていこう!という気持ちが大事ですよ!

そこでプロミスの金利についての記載を見ているとけっこう幅が広いんですよね。
何と、実質年率が4.5%~17.8%となっています。
そりゃー当然利息は低い方に越したことはありませんが、初めての契約だとそんなにいい条件はもらえません。
これはどの消費者金融でも同じです。

ちなみに現在の利息の計算方法なんですが、
以下の計算式で求めることができるんですが参考に見てみてください。

◆借入れ金額×利率÷365日×利用日数

で、この計算式を基に○○万円を△ヶ月で返したら、
結局支払う利息分はいくらになるのか、、、というのを意識したらいいと思います。

例えばですが30万円を借りて、それを1、2、3年で返したパターンを出して見ますね!
そうすると・・・

  • 1年間で返済:毎月27,475円 支払総額329,700円
  • 2年間で返済:毎月14,948円 支払総額358,752円
  • 3年間で返済:毎月10,815円 支払総額389,340円

※実質年率は17.8%で計算

はい、ご覧のように毎月の返済額の負担は減りますが、
その分借入年数が長いと払う利息の額も増えていきます。

尚、これば最低の毎月の支払い額になりますので、
余裕のある時にプラスαで返せば元金も減って支払利息も減ることになります。
利用前にはこれを意識した借り方、返し方をされるとベストだと思いますね!

30日間の利息期間を利用する!

プロミスで契約後、実際にお金を借りた翌日から30日間は無利息期間となります。
なので、可能ならこの期間中にできるだけ返済をしておくことで
以後の支払い利息が減ることになるんですね。

もし今だけ一時的にお金が無いだけ!ということであれば、
次回の給料日に全額返済してしまって、結果無利息でお金借りちゃったわ~ってのもアリ。
特に借入が10万円程度ならぜひとも一気に全額返済をおすすめしたいですね!

ポイントを貯めて無利息&手数料無料にもできる!

これはあまり知られていないのですが、プロミス会員になってサービスを利用すると、
その度にポイントが貯まっていき、それを利用することで無利息期間を作ることができます。

もらえるポイントっていうのは何をするかによって変わりますが、
250ポイント使えば7日間も無利息期間にすることが出来てしまうんですね。

また40ポイントの利用で翌月まで提携ATMの手数料を無料にしたりもできます。
具体的に何をしたらどれくらいポイントがもらえるのか、については以下にまとめておきましたが、
プロミスと契約して今後も使っていくようであればこういう利用方法は憶えておいて絶対に損はありません!
※参照:プロミス提携ATMの手数料を無料にする得技!

一応、ネット以外からの申込み方法もまとめておこうか

オーソドックスで最も便利な借り方の第一歩はネットから申し込みなんですが、
人によっては嫌、俺はアナログな人間だからそうは思わない!という方もいるかも、、、知れませんね。

なので知識として知っておくにも良いですし、
ネット以外での申し込み方法についてもちょっとだけご紹介しておこうと思います。

無人契約機を利用する

地方含め全国に点在しているプロミスの自動契約コーナーに行き、
その中にある契約機の前で操作をして申込み、審査をしてもらいます。

街中にある自動契約コーナーは誰でも見たことがあると思いますが、
あそこに入るのは誰にも見られたくないですよね、正直。
まぁ一旦入ってしまえば覗かれることもないので安心ではあるんですけどね。

ここの中ではパソコンモニターみたいな画面を操作して自分の情報を入れたり、
身分証明書をスキャンして読み取らせたりできます。
ポイントポイントでオペレーターと話しながらもできるので分かりやすいと言えば分かりやすいです。

※カードはその場で即発行可能

自動契約機に行っても審査のための待ち時間は変わりません。
なので、ぶっちゃけ数時間待つこともあるでしょう。これが一番のデメリットです。
ですが終わればその場でプロミスカードが発行されますし、
それをつかって即お金を借りられるというメリットはあるんですよね。

ちなみにネット申し込みで事前に審査までやっておけば、
あとはここに来て契約書類への記入でOKなので所要時間がまるで違うことになります。

店頭(お客様サービスセンター)で申込む

プロミスを唯一対人で申込みできるのがお客様サービスセンターです。
これは大きな都市にしかなく、日本でも18店舗しかないため気軽に利用できる方はものすごく少ないでしょう。
普段はお金関係のセミナー等もしているようです。

お客様サービスセンターを使うメリットは何と言っても人が親切に教えてくれるところ。
若い人は慣れていると思いますが、年を取るとスタッフが居ないと心配・・・という場合もありますよね。

自動契約機同様、それなりに時間がかかりますが、
時間よりも安心感のもとで申し込みを行いたいという時間的ゆとりのある方にお勧めの方法になります。
また利息や返済方法についても相談したり、ということもできるのはメリットが大きいようにも感じます。

当然ですがプロミスカードもこの場で受け取ることができ、
併設されているプロミスATMでその日のうちにキャッシングまで可能です。

電話-プロミスコールから申し込みをする

スマホやパソコンでの入力ができない、面倒すぎる!という方はこれです。
結局はその工程を電話越しのオペレーターさんにやってもらうだけのこと。

聞かれる内容はかなりあるので受話器を当てた耳が痛くなるかも、、、
個人的には自分でネットで入力したほうが楽なんじゃね?って思いますけどね。

デメリットは審査OKとなった後でも契約の為に無人契約機にわざわざ行くか、
郵送での契約書のやりとりが発生してしまうことですね。

郵送での申し込み

さっきは最初は電話というパターンでしたが、最初から郵送で申し込むこともできます。

そのための用紙はプロミスから自宅に送ってもらうこともできますが、
自動契約機の横とかに置いてあるのでそれを持ち帰って内容を記入し、
身分証明書のコピー等を入れて所定の住所に郵送します。

あとはそれを基に審査が行われ、問題なければ契約書やカードが届きますので、
契約書の必要事項を埋めて返送すれば契約が完了するという仕組み。

正直一番面倒な申込み方法ですし、一体誰がこんなやり方をするの?と思ってしまうくらい。
誰とも一切話したくない、などという方がやるんでしょうかね。

プロミスでキャッシングした方の口コミ紹介

22歳、学生~サークルの打ち上げ費用として~

大学4年になるとサークルでも最年長になり、けっこう出費が増えていました。
というのも飲み会やらなんやら、上が多めに出す習慣があったためです。
このせいでどんどんお金が無くなりアルバイトでもカバーできないほどになっていました。

そしてついに次回の飲み会代が捻出できそうにないため、2万円をプロミスに行ってキャッシング。
学生の立場で借りられるのか?という心配もありましたが少額なら問題なかったようです。

翌月、アルバイトを多めにシフト入れて稼いで返しましたが、
その後卒業までピンチになるとまたちょっと借りて、、、を繰り返してちょこちょこ助けてもらいました。
手数料がかかるコンビニATMでの引出はせず、三井住友銀行のATMに行き引き出すという借り方で手数料さえも抑えて借りていましたね!

25歳、派遣社員~ご祝儀代として~

女友達が20代半ばで結婚ラッシュになりました。
こっちは彼氏なしで派遣社員、給与は悪くはないですが羨ましさはすさまじいものがありました。

そんなある月、何と結婚式が3件も入るというトリプルパンチ。
ご祝儀として3万円×3人分、プラス2次回の参加費まで入れたら10万円は超えてきます。

当然、東京に住む身としてはこれはなかなか厳しく、
明らかにマイナスになりそうだったのでプロミスに申込み10万円の枠をもらいました。
借りたのは5万円ですがこれでこの月を何とかしのげました。

翌月は給料日まで節約し、給与で5万を一気に返済。
これで無利息で済んだので親に借りるよりもだいぶ気が楽にこの金欠を凌げました。

32歳、キャバクラ等に散財してしまい…

会社では管理職クラスの自分ですが、飲むと気が大きくなって後輩におごることが多いです。
特に二次会ではキャバクラに行くことも多く、気が付くとかなりの支払いに。

結婚していますが嫁さんバレだけは何としても避けたく、
カードレスで郵送物も発生しない契約方法でプロミスからお金を借り、
それを嫁さんに渡す生活費としたことが今まで何度かあります。

お小遣い制ではないので返済がバレることはないのですが、
仕事のストレス発散のためにプロミスはなくてはならない?存在になりつつあります。
給料が上がったて利用しなくてもいいくらいになったら最高なんですが(^_^;)